アルツハイマーは認知症の一種です~キラキラ健康生活のために~

微笑み

目の健康状態を守るために

目の疲れ

眼精疲労とは文字通り目の疲れのことで、これにより目には痛みが生じるようになりますし、さらには頭痛や吐き気を伴うこともあります。症状は、目を休ませることで改善されることもありますが、繰り返し生じることも多いです。なぜなら眼精疲労は、生活習慣が原因となっていることが多いからです。その生活習慣が続いている限り、眼精疲労の状態も続くことになるのです。また、徐々に悪化していくことも多く、それによって視力が低下したり、日常生活に支障を来たすほどの頭痛や吐き気が生じたりします。しかし生活習慣の改善は、簡単におこなえることではありません。中には、仕事などの都合でどうしても目を長時間酷使しなければならないという人もいます。そのため眼精疲労を防ぐことのできるサプリメントには、高い人気があります。たとえば目の粘膜を丈夫にするビタミンAのサプリメントや、光による目のダメージを防ぐアントシアニンのサプリメントなどです。これらを日常的に飲むことで、眼精疲労は防がれやすくなります。

サプリメントを飲んだり、生活習慣を改善したりしても、眼精疲労の症状が続くこともあります。そのような場合は、病気が原因となっている可能性もあるので、早めに眼科で検査してもらうことが大事です。眼精疲労の原因となる病気には、たとえば緑内障や白内障などがあります。また、眼瞼下垂という、目ではなくまぶたの異常が原因となっていることもあります。いずれの場合も、適切な治療によって進行を食い止めることが必要となります。場合によっては手術が必要となることもあります。しかしこれらもやはり、日頃からサプリメントを飲むことで、予防することが可能となっています。目を守る効果のあるサプリメントを飲むことは、眼精疲労だけでなく、手術が必要となる状態を回避するためにも有効なことなのです。