アルツハイマーは認知症の一種です~キラキラ健康生活のために~

微笑み

幸せホルモン

サプリメント

ホルモンのあれこれ

幸せホルモン「セロトニン」についてご紹介いたします。セロトニンは人間の心のバランスに深く関係しています。それが不足することで、人は精神の安定を失います。また過剰に分泌することで、セロトニン症候群を発症します。それは抗うつ薬を服用している人の副作用として起こります。主な症状としては、自律神経失調の症状、精神不安定、偏頭痛、神経・筋肉の異常、などです。セロトニンは人の体の中に10ミリグラムほど存在していると言われます。そのうち約9割が小腸にあると言われ、小腸のぜん動運動を促すなど、整腸作用に関係しているほか、脳に栄養を送る役割を担っています。セロトニンの残り8%は血液中の血小板に、残り2%は脳の中枢神経にあると言われています。

血液と脳にもある

セロトニンは血小板に8%、脳の中枢神経に2%ほどあります。血小板において、止血作用や、血管の収縮を行っており、そのため偏頭痛に関係すると言われています。また脳内においては2%しか存在していないのですが、最も重要な働きを担っていると言えます。脳の中枢神経において、セロトニンが交感神経に影響を与えたり、体内時計を調節しているからです。また海馬での記憶・学習や、咀嚼・呼吸といったものにも関係しています。腸内環境が悪化することで、脳でセロトニンを合成できなくなるため、自律神経失調の症状に加え、様々な障害が発生してしまうのです。脳内のセロトニンを不足させないためには、規則正しい生活を送り、太陽光を浴びて、腸内環境を整えることが大切なのです。