アルツハイマーは認知症の一種です~キラキラ健康生活のために~

男性

認知症の一種です

お年寄り

進行していきます

アルツハイマーとは、認知症の一種であり進行する疾患です。主な症状は、人格の変化や認知障害になります。症状が認知症と重なる部分があることで、二つの疾患は同じものであると勘違いをされる場合もあるのです。確かにアルツハイマーは、認知症の一種ですが同義語とはならないのです。多くは65歳以上での発症するケースになりますが、若くして発症する若年性の場合もあります。脳が委縮してしまうことで起こる疾患で、脳機能が低下してしまうのです。症状は徐々に進行し、最初は物忘れ程度だったのが生活に支障をきたすほど認知障害がおこります。さらに進行すれば、周囲と意思の疎通が難しくなっていくのです。そしてアルツハイマーは、ある時をきっかけにして症状が一気に悪化してしまう疾患でもあります。あっという間に、寝たきりになってしまうこともおこりうることです。

ココナッツオイルは選んで

進行していく症状の中で、幻覚や被害妄想などもあらわれてくることもあります。時には暴力や暴言といった問題行動もあるのですが、現在のところでは治療の方法は確立されていないのです。治療の方法も確立されていないし、原因も明確にされていないアルツハイマーですが世界中の医師が研究しています。その結果発症の因子がいくつかあることが、発表されているのです。遺伝子的なものや高血圧・糖尿病・高脂血症などの場合は、発症のリスクが高いとされています。他にも喫煙習慣もリスクが高いとされていますが、食品の摂取なども重要とされているのです。最近特に評判になっているのが、ココナッツオイルになります。ココナッツオイルの、主成分である中鎖脂肪酸からケトン体ができるのです。このケトン体が、脳のエネルギーとなります。脳の神経が完全に死滅している場合は、効果は期待できません。そしてココナッツオイルの製品であれば、何でも効き目があるわけではないです。中鎖脂肪酸の濃度が、60%から80%の高濃度のものを選ぶのが重要になります。

幸せホルモン

サプリメント

セロトニンは自律神経に深く関与しており、人の精神的安定を司る神経伝達物質です。小腸、血小板、脳にそれぞれ存在していますが、脳内での働きが最も大きいです。腸内環境が悪化すると、脳内のセロトニン合成に影響を与えるため、規則正しい生活と日光浴、そして腸内環境を正常化させることが、精神安定のために大切です。

Read More...

目の健康状態を守るために

目の疲れ

眼精疲労は生活習慣が原因となっていることが多いため、繰り返し症状が出ることが多く、改善も困難です。そのため、目を守るサプリメントには高い人気があります。ただし病気が原因となっていることもあり、その場合は治療が必要になります。しかしこれもまた、サプリメントを飲むことで予防が可能になります。

Read More...

シジミが肝臓を助ける

薬

オルニチンはシジミに多く含まれるアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助ける作用があります。有毒物質であるアンモニアの分解を促進し、体内エネルギーの生産効率を高めます。そのため疲労回復への効果も期待できます。

Read More...